アストロクス88Dの口コミレビュー!スペックやバランスについても!

スポンサーリンク

ヨネックス社のアストロクス88Dについて紹介したいと思います

スポンサーリンク

アストロクス88Dのスペック

素材 高弾性カーボンフレーム+ナノメトリック+タングステン
高弾性カーボンシャフト+Namd
新内蔵T型ジョイント
サイズ 4U(平均83g)4・5、3U(平均88g)4・5
カラー オフホワイト/レッド(新デザイン)、ルビーレッド
推奨張力 4U:20〜28(lbs)
3U:21〜29(lbs)
推奨ストリング [ハードヒッター]BG80パワー(BG80P)、[コントロールプレーヤー]エアロバイト(BGAB)

https://www.yonex.co.jp/

まずデザインがカッコいいですよね

赤と黒のカラーリングの中に緑のカラーリングがとてもカッコいいです

ポンド数も30ポンド近い数値まで対応しているので、硬く張りたい上級者の方におすすめのラケットであると言えそうです

スポンサーリンク

アストロクス88Dのバランスや打球感

バランスはかなりトップヘビー寄りですね

でも、完全にトップヘビーと言う訳ではないので、シングルスで大きなストロークでラリーをするのに使いやすそうです

打球感も完全に硬いの部分に寄っていません

なのでしなりを使って大きなストロークでの展開に向いていそうなラケットです

スポンサーリンク

アストロクス88Dの口コミレビュー

私が使用したのはアストロクス88Dの

4UG5サイズです。

最初に持って感じたのは4Uであるにも関わらず重たいなと言う印象です。

他のラケットの3Uぐらいの重さに感じました。

重いラケットを扱えない方には向いていないと思います。

ところが、使用感としてはあまり重たいという印象を受けず、さらには狙ったところにシャトルを飛ばせるので、コート奥からラケットでフェイントを掛けて打つこともやりやすかったです。

重さ同様に硬さもなかなかのもので、ダブルスなのでハードアタックするのに最適なラケットと言う印象です。

もちろん、細かいプレーでも使えますが、何よりアタックで本領を発揮するラケットだと思います。

私が使ったのは4UG5サイズです。

最初に持った時に思ったことはとても重たいこと。

そのため、例えばダブルスのフロントコートで扱う場合は、軽いとされる4Uサイズでも少々プレーが困難になるかもしれません。

ヨネックスのラケットマトリクスでは、アストロクス88Dがアストロクス99よりも打った感じか硬いとされていますが、その通りで打感としてはかなり硬めです。

ダブルスの主にリアコートでプレーする方、またシングルスを主にプレーする方が使うと本領発揮するラケットだと思います。

同時期に発売されたアストロクス88Sよりも重量感があり、さらにはパワフルなスマッシュを相手コートに突き刺すことが出来ると言えるでしょう。

私はこのアストロクス88Dを2本持っています。

これまでのラケット遍歴としては、アーマーテック900テクニック、ボルトリックZフォース2、アストロクス77、アークセイバー11、ナノレイZスピードとなっています。

最初にアストロクス88Dを持った感じとしては、他の種類のラケットの4Uサイズよりもさらに重たい感じがします。

しかし、ローテーショナルジェネレーターシステムを採用しているため、実際にスイングすると持った時のような重さを感じることはありませんでした。

私がメインに使用しているのはダブルスですが、スマッシュなどのアタックにおける打ちやすさはもちろん、ロビングやレシーブショットでの打ちやすさもなかなかです。

さらには、シャフトの剛性も高いのでぶれずに狙ったところにシャトルを打つことが出来ます。

設計としてはヘッドに重心が寄っていますが、前衛で使いづらいかと言われたらそうでもありませんし、プッシュを打つ際にヘッドが遅れて球が浮いてしまうということもないため、かなり万能なラケットであると言えそうです。

もちろん、リアコートで体勢を崩したところから打たされる場面でも活躍してくれ、クロス方向へのクリアを相手コート奥まで飛ばすことが出来ます。

基礎打ちでのドライブはコンパクトさやスイングの鋭さを求められますが、スイングが身に付いているのであればこのラケットでスピードに付いていけないということもないと思います。

ヘッドが重たいラケットをよく使う方には抜群のラケットです。

私はさらにもう一つ購入し、新しいアストロクスシリーズが販売されるまで使用したいです。

最後に、ダブルスで使用するならば4Uがおすすめですし、シングルスで用いるなら3Uを使った方が良いです。

私が購入したのはアストロクス88Dの4UG5サイズです。

アストロクス88Dは他のラケットと比較すると少し長めの設計となっていますが、かといって取り回しがやりづらいと感じることもありません。

設計としてはダブルスでリアコートでプレーする際に本領を発揮するように製造されているため、アタックで相手のディフェンスを機能させなくさせるなど、アタッカーに向いたラケットだと思います。

ダブルスのフロントコートではややラケットの重さが気になりますが、前衛でも上手く機能するラケットだと言えると思います。

お問い合わせはLINE公式アカウントからお気軽にどうぞ(^^)
バドラボの最新情報や講習会やコーチングなどの各種サービス、またバドミントンのノウハウなどの情報をお届けします♪
友だち追加

お問い合わせはLINE公式アカウントからお気軽にどうぞ(^^)
バドラボの最新情報や講習会やコーチングなどの各種サービス、またバドミントンのノウハウなどの情報をお届けします♪
友だち追加

ラケット競技力向上道具
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バドラボ管理人をフォローする
スポンサーリンク
この記事を書いた人
バドラボ管理人

当サイトの運営者。プレーヤー歴20年、コーチ歴約10年。指導させて頂いた受講者様は数百名ほど。業界トップクラスの情報を発信中。神奈川県横浜市在住。管理人プロフィールはこちら

>LINE@でバドラボ最新情報をゲット♪

>出張コーチング詳細(※編集中)

バドラボ管理人をフォローする
横浜市のバドミントン教室をお探しなら|バドラボ

コメント