思いやりを持てるように(2022年10月28日バックナンバー)

思いやりを持てるように(2022年10月28日バックナンバー)

この記事は約2分で読めます。

こんにちは、横田です(^^)

ぴあスポーツ神奈川という精神障がい者の方向けのイベントがあるのですが、今日はそのイベントでバドミントン担当の講師として参加するために、現在移動中です。

こういうイベントです↓

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ui6/8/paraspo/peer/top.html

前回は7月に参加させて頂いたのですが、その時はおよそ10名ほどの方と一緒にバドミントンをさせて頂いたり、教えさせて頂いたりしました。

色々と考えさせられることもあり、障がいがあるといっても様々で外から見たら障がいがなさそうな方もいる。

ということは、普段何気なく生活を送っている中でも、そのような目に見えない障がいを抱えている方と会ったりしてるのかなと。

目に見えない病気というのは理解されづらい。

体調を崩したときに、サボってるだけでしょ、と思われてしまうこともある。

病気のあるなしに関わらずですが、少しでも苦しそうにしていたり、具合が悪そうな方がいれば、思いやりの気持ちを持って声を掛けられるようにしたいですね。

思いやりって、大切だと思っています。

気遣いも大切だと思いますが、気遣いの場合、自分の中ではテクニック論の文脈で語られる概念なのかなと思っています。

なので、ちょっとこの人、人として(悪い意味で)ヤバいな、と思うような人でも、気遣い上手な人っていたりする。

一方で、おもいやりというのは、相手の心に寄り添うこと。

これは人間性の話になると思っているのですが、人としてある程度成熟してないと持つことが出来ないものだと思っています。

だからこそ、自分も含めて困っている人、苦しんでいる人に対して思いやりの気持ちを持ち、何か言葉を掛けたり行動を起こせるような人間を目指すべきだと考えています。

相変わらず脱線しているのですが、スマホから書いているので今日のメルマガはこの辺で。

今日はイベントを楽しんできたいと思います☆

お読みくださりありがとうございました(^^)

質問、相談や感想はこちらからお願いします ↓

https://yokotatetsuya.jp/p/r/kMnKv1l3

メルマガ登録はこちらから


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私はジュニア選手から日本ランカーまで300人全員を上達に導いた理論を発信しています。

それらの理論をオンラインで学べる「バドラボ」という講座を運営しており、詳細が気になる方は登録は無料ですので以下の登録フォームリンクからご登録頂けましたら嬉しいです。

ご登録頂いた方には「意識するだけでバドミントンが上達する3つの魔法」という電子書籍を無料でお配りしております。

バドラボの講座案内はこちら

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私はジュニア選手から日本ランカーまで300人全員を上達に導いた理論を発信しています。

それらの理論をオンラインで学べる「バドラボ」という講座を運営しており、詳細が気になる方は登録は無料ですので以下の登録フォームリンクからご登録頂けましたら嬉しいです。

ご登録頂いた方には「意識するだけでバドミントンが上達する3つの魔法」という電子書籍を無料でお配りしております。

バドラボの講座案内はこちら

メルマガバックナンバー
横田哲也@バドラボ管理人をフォローする
バドミントンが上手くなる(上達する)ノウハウなら|バドラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました