fbpx

末武里佳子の子供や旦那について!高校や大学についても

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

末武里佳子の子供について

ニューヨークで1人で子供を産む。

出産経験のある人間からすると、これがどれだけ勇気と覚悟が必要なことかわかると思う。

NHKのベテランアナウンサーである末武里佳子さんは、それを成し遂げた人物だという。

彼女のことを調べてみると、冒頭に出てきた偉業だけでなく、数々の素晴らしい経験を積み重ねてきた方だと分かった。

彼女の職業はアナウンサー。

この職業に憧れる人は数多くおり、その夢を叶えられるのも一握りである。

だが、彼女がアナウンサーになった経緯は単純なものではなかったようだ。

入社当初、彼女が配属されたのは営業部。

アナウンサーとはかけ離れた職業である。

それが1年後、アナウンサー部へ異動が決まったようだ。

これは前代未聞の異動だったらしい。

これは私の予測であるが、よほどの期待が彼女にかけられたのであろう。

写真で拝見する限り、非常に美しい方で日々、身だしなみもきちんと整えていたようだ。

誰がみてもテレビ画面に出さないことがもったいなく思われる人物だったのだろう。

こんな異例の流れでアナウンサーになった彼女にさらに異例なことが起こる。

アメリカへの転勤だ。

その辞令が出た時、彼女は結婚して間もなかったという。

ここでも会社の彼女への多大なる期待がみてとれる。

新婚の女性になかなか国外への異動はくださないだろう。

それほど彼女が会社を背負い、海外へ発信していける人物だったのであろう。

私が彼女の立場であれば、この辞令を受けた時点で仕事に邁進する覚悟を決めるだろう。

即ち、プライベートを捨てる覚悟を決めるだろうと言うことだ。

しかし彼女は冒頭の通り、ニューヨークで1人で子供を産む。

会社員として、母として、妻として、これ以上の偉業があるのだろうか。

アナウンサーになることも、結婚をすることも、アメリカへ転勤することも、子供を出産する事も、それぞれがとても素晴らしい偉業であるにも関わらず、彼女はそれをすべて経験した。

なぜこのような人物がもっと取り上げられないのだろうか。

今、世界は未曾有の危機に面している。

暗いニュースばかりが目立ち、希望を失う人々も多い。

そんな今だからこそ努力して成功した人をメディアに出すべきではないのだろうか。

私は今回、末武里佳子さんを知るにあたり、今、自分が何をすべきか、もっとやるべきことがあることを知った。

スポンサーリンク

末武里佳子の旦那について

末武里佳子アナの旦那さんについて気になったので少し調べてみました

調べた限りはですが、末武アナの旦那さんが誰なのかについては明らかになっていないようで

ただ、一般の会社員の方ということだけは事実なようです

度々思うのですが、この「一般の」という言い方はあまり好きになれません

一般の人がいるとしたら、一般じゃない人たちがいるということで、じゃあ一般じゃない人たちと言うのは特別な人たちって言う感じがして、まぁ私もその一般の人たちの一人なのでただの嫉妬なのでしょうけど、ちょっと嫌だなぁって思いますね

よく芸能人に対して、素人、という言い方もされますが、ちょっとそういう言い方もどうなのかなぁなんて思ったりするのですが、まぁあれですかね、世の中どこまで行っても結局のところ階級社会と言いますか、選ばれた人たちとそうでない私のような人間とで済む世界は分かれていて、そういう選ばれた人たちの方が上という構造はどれだけあがいても引っ繰り返せないのかも

悔しかったら努力してその選ばれた人間側に入れという感じなのでしょうか

で、話し戻しますと末武アナの旦那さんの話になるのですが、会社員の方とのことで、一般のとは言ってもやはり肩書的にしっかりした方なのではないかと思います

収入の多い業界の有名企業の男性の方なのではないでしょうかね

となると定番なのが外資系金融機関の方でしょうか

外資系金融機関の方は新卒の頃から収入が1000万円を超えますからね

女子アナという肩書にふさわしい職業というか肩書のように思います

外資系金融機関の中でも、女子アナと結婚するとなると、年収は2000万~5000万ぐらいある方なのかもしれません

いいなぁ、それだけお金があるって

まぁでもお金が沢山あっても支出が沢山あれば生活は苦しかったりすると思うので、お金があるから生活が楽ということもないのかもしれません

例えば、都心のタワーマンションなんかに住んだら月に100万はくだらないでしょうし、その上で高級車に乗ったり、良い服を着たり、高級なものを食べたり、子供に良い教育を与えたり、海外旅行なんかするとなれば、お金がいくらあっても足りないんじゃないかと思います

恐らくそういう方々というのはクレジットカード、その中でもプラチナカードとかで支払いをしそうですが、そうなると常に借金がある状態なので、いくら働いて高所得であっても意外にカツカツみたいなことも十分にあり得ると思います

お金の使い方を少し間違えたらすぐに何百万、何千万という借金になったりもしますからね

よくお金は稼ぐよりも使う方が難しいと言いますが、お金が沢山ある=幸せ、という公式は必ずしも成り立つわけではないのかもしれません

もちろん、お金がたくさんあることで選択肢は増えると思いますし、人生の可能性も広げることができるので、やはりある程度はないと苦しいとは思いますが

スポンサーリンク

末武里佳子の高校大学について

末武アナは中学、高校、大学それぞれ慶應に通われていました

となるとかなりのお嬢様なのかもしれません

実家はお金持ちなのかもですね

女子アナになれるのは血筋も大事そうですので、家柄もしっかりした実家なのだと思います

もしかしたら幼稚園から慶應に通われていた可能性もありますよね

そうなると学費にいったいいくらぐらい掛かってきたのだろうかと、考えるだけで怖くなってしまいます

でも、それだけ教育って大事なんだろうなと思いますね

やはり出来るだけ子供には良い教育を受けさせたいと思うのが、恐らくほとんどの親が考えることではないかと

もちろん全員がそう思う訳ではないだろうし、どちらが良いか悪いかという話では全くないのですが、子供の教育のためならお金を全く惜しまないという親御さんは多いのではないでしょうか

ただ、子供がそう望んでいないのに強要するのは良くないかなとは思いますね

良かれと思ってやったことでも、子供にとっては良くないことってかなり多いと思いますし、その結果として道を踏み外してしまうことって少なくないように思います

なので、個人的に一番大切だと思うのは、その子としっかりと向き合って、その子が幸せになるにはどうすればいいかをしっかりと考えることです

もしかしたら、それほど高等教育は必要のない子供の場合もあるでしょうし、もちろん高等教育が合ってる子供もいると思います

なので、一般論や常識でその子供の進む道を決めるのではなく、その子に向いているのは、あるいはその子が心から望んでいるのはどのような生き方であり人生なのか、それを考えてあげて、背中を押してあげることが親の役割なのではないかと思っています

リーダーシップやマネジメントの基本みたいな感じかなと

でですが、末武アナはしっかりとエリートコースを歩み、現在は結婚もして仕事もしてと輝かしい人生を送っている訳ですから、そういう意味では末武アナの親御さんの人を見る目、先見性みたいなものはあったのではないかと思います

これからも末武アナの活躍を応援したいですね

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました