fbpx

競馬の予想方法を解説!芸能人の予想や予想家ランキングについても!

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

競馬には、さまざまな予想方法がありますよね。

誰もが同じ予想にならないのは、それぞれで予想方法が違うからです。そこで競馬の予想についてフォーカスしました。

競馬予想を披露している芸能人や予想家ランキングなどにも注目しつつ、どんな予想があるのかをじっくり研究してみましょう。

スポンサーリンク

代表的な競馬の予想方法を紹介

血統予想

競馬は血のドラマだとよくいわれますが、血統を予想のベースにしている人は多いです。

出走馬の父系や母系をたどり、どのような特徴があるのかを見極めて予想に活かすやり方です。

たとえば「ディープインパクト産駒は良馬場の高速決着に強い」「クロフネ産駒は牝馬が狙い目」「母系がダート血統ならダート替わりはプラス」などの血統予想があります。

競走馬の血統は非常に奥深いため、楽しみながら取り組めるのが血統予想の醍醐味ですよね。

キャリアが物を言うので、競馬歴の長いファンほど血統予想に熱が入りがちです。

実績予想

前走着順をはじめ、コースや距離などの実績をベースにする予想方法です。

過去の数字を参考にしますので、どちらかといえば手堅い本命予想になりやすいです。

ですが人気に反映されていないマニアックな実績をみつければ、穴馬を狙うことも不可能ではありません。

騎手予想

競走馬と同じぐらい重要視されているのが、騎手の能力や成績です。

どんなに優れた競走馬でも、騎手の腕が足りなければ好結果を残せません。

また騎手にも馬のタイプや競馬場や距離ごとに得意不得意があり、それを見極められると予想に活用できます。

今はネットで騎手のデータが簡単に参照できますし、騎手に注目する予想方法はファンの間で確実に浸透しているといえるでしょう。

調教予想

調教予想は、どちらかといえば上級者向けです。

中間の調教をチェックし、馬の状態を見極めて予想に活かします。

調教ですばらしい走りを見せても肝心の本番で凡走する競走馬もいますので、調教を予想に活かすのは決して簡単ではありません。

トレセンに足しげく通うプロのトラックマンや、調教タイムの分析が好きな人が好む予想方法です。

パドック予想

レース前にパドックを周回する競走馬の姿を見て判断する予想方法です。

調教予想と同様に、上級者でないとなかなか状態を見極められません。

プロの騎手ですら「乗ればわかるけど見ただけではわからない」と言うぐらいですから、相当な相馬眼の持ち主でないと厳しいですね。

ただパドックを見て直感で閃いた競走馬が好走することもあり、感覚に優れた人ほど好結果になりやすい傾向があります。

スポンサーリンク

競馬予想が得意な芸能人

宮島咲良さん

宮島咲良さんは「BSイレブン競馬中継SUNDAY」のアシスタントを務めているフリーアナウンサーです。

アシスタントで進行をしていますが、予想コーナーも担当しています。

その名も「咲良の複勝トリプルアクセル」で、複勝予想を毎週披露しています。

複勝は指名馬が3着以内に入れば当たりの馬券ですから当たりやすいのは確かですが、それでもそれなりに配当がつく穴馬を指名して当てている時があります。

複勝らしく2着3着に入線して的中しているパターンも多いため、参考にするだけの価値があります。

穴馬が2着3着に入るわけですから、ヒモ抜けを防ぐために入れてみても良いかもしれません。

もしも参考にして的中したら、宮島咲良さんと一緒に喜びましょう。

DAIGOさん

フジテレビで放送している「みんなのkeiba」でメインパーソナリティーを務める芸能人のDAIGOさんは、DAIGOのワイドというワイド馬券の予想を披露しています。

ワイド馬券はもともと手堅いですが、それに加えDAIGOさんは本命サイドの予想をすることが多いです。

ですので配当妙味はそれほどないですが、金額に強弱をつけるなど工夫しているところに好感が持てます。

DAIGOのワイドの本命馬や相手馬を、予想の参考にしてみるのもありです。

斉藤慎二さん(ジャングルポケット)

ウイニング競馬の総合司会を務めるジャングルポケットの斉藤慎二さんは、番組内で予想を公開しています。

その予想は「えっ?」と驚くような穴馬が多いため、当たる確率がそれほど高いわけではありません。

ですが予想がハマって的中した時は、回収率が大幅にプラスになることがあります。

安定感には乏しいものの、何かおもしろそうな穴馬を予想に取り入れたい時にチェックしたい芸能人です。

土曜競馬で穴馬券を取りたい時の参考にしましょう。

キャプテン渡辺さん

R-1の決勝にも進出した経歴を持つピンのお笑い芸人ですが、今では競馬の芸能人としてすっかり定着した感があります。

先に挙げた斉藤慎二さんとともにウイニング競馬に出演して軽妙なトークで盛り上げたり、レースの予想を披露しています。

斉藤慎二さんほどではないですが、キャプテン渡辺さんもどちらかと言えば穴予想を好むスタイルです。

大ハズレしていることもありますが、バッチリ当ててニコニコの笑顔を見せている時もあります。

ですので「今日はキャプテンさんに乗ってみても良いかな」と思ったら、自分の予想に取り入れてみましょう。

スポンサーリンク

競馬の予想家の意見を取り入れるのもあり

今は競馬の予想家として有名な人もいますから、その予想を参考にするのもありです。

たとえば最近のとあるランキングは、以下のようになっていますね。

1位 亀谷 敬正さん

2位 井内 利彰さん

3位 キムラヨウヘイさん

亀谷敬正さん

見事1位にランクインしている亀谷敬正さんは、長く競馬を見てきた人なら知っていますよね。

血統を馬券予想に取り入れた「血統ビーム」というワードを、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

今は競馬ゲームのウマ娘ブームですが、それより前のダビスタブーム世代の競馬ファンにはおなじみの予想家です。

出版する本がベストセラーを記録していますから、亀谷敬正さんの本を買った経験がある人も多いでしょう。

「血統が好き」「血統予想で馬券を当てたい」と考える人にとって注目の予想家です。

井内利彰さん

調教からアプローチする予想を確立させたのが、2位にランクインしている井内利彰さんです。

調教Gメンが有名で、テレビメディアにもよく出演しています。

調教パターンから好走馬をみつけるスタイルを得意とし、穴馬を狙うこともめずらしくありません。

人気にはとらわれませんから、高配当に期待できる予想が魅力です。

調教からアプローチしてみたい人の参考になる、実力派の予想家だといえるでしょう。

キムラヨウヘイさん

競馬予想ブログで着実にアクセス数を伸ばし、雑誌の競馬王にて本格的にデビューを果たした新進気鋭の予想家がキムラヨウヘイさんです。

競馬予想TVにも出演するなど、これからの競馬予想界を引っ張っていく可能性がある若手のホープです。

オッズ的に過小評価されている穴馬をみつけ出し、ピンポイントで狙います。

全レースをチェックして馬の有利不利を判断し、その分析結果を次へと活かします。

不利を受けて力を出し切っていない馬がいたら、次のレースでは狙うべきですよね。

穴馬のヒントを得るのに参考になる予想家だといえるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

競馬予想は十人十色ですから、どの予想方法もそれぞれで違っています。

オーソドックスな予想スタイルをとことん突き詰めていくのも良いですし、芸能人や予想家の予想を参考にするのも考え方の1つです。

最も大切なのは、自分に合った競馬の予想方法が何なのかをみつけることです。

競馬を楽しめてしかも的中率の高い予想方法がみつかれば、予想するのがおもしろくなりますよね。

どんな予想方法を選択するかは個人の自由ですので、合う予想方法をじっくり探していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました