fbpx

HARRYの病気について!元ストリートスライダーズのボーカル

この記事は約2分で読めます。

もう、30年前位に、一部のロック好きの間では大人気だったHARRY。

当時は、私生活を全く明かさず、本名さえも知らなくて、ストリートスライダーズのデビュー前は、横田基地で外人相手に歌っていたという実力派。

リトルストーンズと、もてはやされ人気があり、サウンドは独特のgroove感で、当時リードギターの蘭丸が妙に色気のある綺麗な美少年で、かなり、男臭いHARRYとは対照的で、がっちりタイプのドラマーZUZUは、妙にラテン系、ベースのjamesはロン毛のリーゼント後、ジャマイカンのような出立ちで、何とも個性豊かで、魅力的なバンドだった。

タバコをふかしながら、ギター片手にハスキーボイス、ストーンズのキースが好きで、名前の由来は、デボラ・ハリー好きのハリー、お酒が似合う、悪い男が好きな感じの女子には大人気で、ライブではいつも黄色い声援が飛んでいた。

メンバーもかなりのヘビースモーカーらしく、テレビのインタビュー等、いつも煙まみれ。

HARRYの今

そんな彼らも解散して、もう還暦過ぎた。

あんなに不健康そうな感じで、HARRYなんか、いつも痩せてガリガリなのに、今も現役でライブを定期的にしてると、知った時はビックリして感動した。

スライダーズ全盛期は、私も仕事が忙しく、チケットも人気で取れないと思い、深夜のテレビ番組を録画したり、PVを観て沢山の曲を聴いた。

解散して、ソロになり、〔村越弘明〕と言う名前を知った。

知ったのも解散して、大分たってからのこと、自宅が火事になり、本名、年齢、家族などが分かってしまったらしいけど、それまで全くわからず、最近になって、親が癌で亡くなったとか分かるようになった。

そして、彼も又、肺癌。

あれだけ若い頃から、タバコを吸いまくっていたから、納得できちゃうけど、手術が出来ないとか化学療法や免疫療法で、今年は治療に専念するらしい。

コロナ禍で殆どのツアーが中止で、東京渋谷のライブだけ行われた。

かなり、感染者が多かった時期、既に癌と分かっていた状態なのに開催された。

若い時から、見た目も大好きだけど、歌の歌詞も大好きで、さり気なく応援してくれてるような素朴な歌詞に沢山勇気づけられた。

又、あの気だるいけど、元気になれる歌を、ライブでビール片手に、思いっきり生で聴きたい。

コロナ等気にせず、大きな声で「HARRY!」と叫びたい。

コロナの終息と共に、癌の治療も終えて、元気な姿を見れるのが待ち遠しい。頑張って、HARRY‼️

コメント

タイトルとURLをコピーしました