fbpx

【レビュー】ZOOM ズーム マルチエフェクター マルチエフェクツプロセッサー G1 FOUR

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

今日もレビューしていくよ!

スポンサーリンク

レビューを紹介

コスパ最強との声が高いZOOM社製のマルチエフェクター・G1 FOURです。

マルチエフェクターというと操作が面倒なイメージがあったのですが、この製品は触りながらで大抵理解出来ました。

マルチだとボタン操作で音を作るものもあるのですが、これはノブで音色をいじれるので使い勝手がとても良いです。

コンパクトなサイズも良い感じですね。

肝心な音色ですが、どれも良く出来ています。

デジタル臭さみたいなものは殆ど感じません。この値段でここまで出来るのは凄いと思います。

ちょっと残念だったのはファズくらいでしょうか。

これは他社のマルチエフェクター(本製品よりも高価なもの)でもやはり惜しい感じでしたので、
ファズというものがそもそもモデリングしにくいんだと思います。

とは言え、某社の某マフにかなり近いサウンドを出せます。

これはファズとは言え、ディストーション寄りの音ですのでもう少し音作りになれたらもっと近づけることが出来そうです。

プラスチック製ですので思い切り踏むには少々ためらいますが、今のところまったくガタが来る様子はありません。

また未だに使っていないのでなんとも言えないですが、ルーパー機能とリズムトラックも収録されています。

この値段でこの機能は驚異と言えるでしょう。

基本的に不満はないのですが、唯一不満点をあげるとすればスイッチがない所でしょうか。

シールドを差し込んだら強制的に電源が入る形となっております。

シールドを刺しっぱなしに出来ないのは少々不便ですね。

毎度抜く必要があります。電池駆動で使っているのでいつか抜き忘れそうで少々怖いです。

スタジオに入るときに重たいエフェクターボードを持っていくのがつい億劫となりますが、自分は音響系をこのマルチエフェクターで作りアンプで歪みを作っているので、実質これ一台とギター一本でスタジオに入ることが可能となりました。

ギグバッグにすっぽり収まるので都内でのリハのような電車移動が主な場合などとても楽です。

マルチエフェクターと聞いて偏見を持っている方や、エフェクターボードが重くて嫌だという人、更には初心者の方にまでお勧めできるマルチエフェクターだと思いますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました