fbpx

【レビュー】ローソン「プレミアムロールケーキ」

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

今日もレビューしていくよ!

スポンサーリンク

レビュー紹介

私が最近コンビニで買ってよかったと思う商品はローソン「プレミアムロールケーキ」です。

各社、高品質化が進み激しい競争が続くコンビニスイーツの中でも、定番・おなじみとなっている一品です。

すでに説明不要とも言うべき商品ですが、口にする度、良いものはやはり良い、と改めて実感させられます。

そんなプレミアムロールケーキが発売されたのは2009年。そこからすでに10年以上の月日が流れています。

その間にはあまおう苺、塩キャラメル、宇治抹茶など期間限定で148種類にも及ぶフレーバーを生み出してきた本シリーズ。

どれもが魅力的で多彩な驚きと幸福に満ちていました。

しかし、それでも私が選ぶのはオーソドックスな「プレミアムロールケーキ」です。

なんといっても目を引くのは、贅沢に使用された生クリームでしょう。

一般的なロールケーキといえば、生地は渦を巻くように重ねられているものが思い浮かびます。

がしかし、プレミアムロールケーキではそのイメージを覆し内側すべてがクリームと大変贅沢な仕上がりとなっています。

さらにその豊富なクリームは決してしつこくなく、すっきりと甘さ控えめな仕上がり。

そして一方の生地の方はというと、柔らかでしっとりとした食感とともにほのかな甘さが口の中に広がります。

そのどちらもが素晴らしいものではあるのですが、私はあえて、プレミアムロールケーキの魅力はクリームではなく、この生地にあると申し上げたいと思います。

もちろん贅沢で豊かなクリームの味は大変魅力的ではありますが、口にした際には生地の味わいにも是非心を傾けて欲しいと願っています。

さて、私が出会ったのは今を遡り学生時代。

当時は名前通りのちょっぴりの「プレミアム」さに手に取ることをやや躊躇していたことが思い起こされます。

ですが勇気を出して手に取り、いざ食べてみた時、私は驚愕しました。

「プレミアム」とは、こんなにも違うものなのか、と。

それまでの私のロールケーキに対しての評価は決して高くはありませんでした。

多種多様なフルーツやシロップ、クリームを使用したほかのケーキに比べると大したことのないものだと。

ロールケーキなんてケーキのなかでは一番の格下、四天王の中でも最弱、ぐらいの認識であったのです。

しかし、プレミアムロールケーキとの出会いは私のケーキ勢力図に大きな波紋を巻き起こしました。

それから、私の小さな贅沢はちょっぴりの「プレミアム」な幸せへと変わりました。

だからきっと、一年後の私もこう言うでしょう。

最近コンビニで買ってよかった商品は「プレミアムロールケーキ」だ、と。

コメント

タイトルとURLをコピーしました