fbpx

【レビュー】costaのコーヒー ファミマ

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

今日もレビューしていくよ!

スポンサーリンク

レビュー紹介

最近ツィッターを見ていたら、懐かしい名前をめにしました。

イギリスにある珈琲チェーン店の名前です。

なんでもコカ・コーラ社からcostaの珈琲が日本でも販売されるようになったというのです。

老舗のコーヒーチェーンでしたが、現在はコーラの傘下になったようで、それもありペットボトルでコーヒーを売り出していたようです。

現在私が見たのは2種類のみ。

ツィッターでみかけたのも二種類で、その方は購入したのはファミマでした。

わたしも間違いなく買うためにファミマにいきましたが、もしかすると他の大手のコンビニでも同じように販売さあれているかもしれません。

二種類のコーヒーの味は、ブラックと、ミルク入りのカフェオレになっていました。

コスタのブランドカラーである深い紫色がペットボトルにも使われていて、以前訪れたことがある英国でのカフェのオーニングをおもいだしました。

事実、英国では珈琲よりも紅茶がおいしかったので、さほど気に行ってのんだわけではなかったのですが、コンビニで販売されていたコスタの珈琲は、欧州風のブレンドで、ペットボトルとはいえ、インスタントで飲むのよりは、はるかにおいしく飲めました。

ホッと、一息つくときにインスタントを淹れることができない外出先でなら購入してのみたくなるリピアリの味わいでした。

自販機での販売はあるのかわかりませんが、通常の缶コーヒーより、高く、コンビニエンスストアで推しているレギュラーコーヒーほどは高くないので、ほどよい値段で珈琲がたのしめます。

ペットボトルなので、飲み切れない時でも、ふたをして持ち運びができるのも缶コーヒーよりは、はるかにいいと感じます。

ドライブの途中の休憩なら、よりもってこいではないでしょうか。

もちろん、運転している最中にボトルを開ける行為はあぶないですが、フタがある分、ドライブ中でもこぼすことなくはこぶことができますし、休憩の度にのむのに適しています。

珈琲好きなら、あっという間に飲み切れるサイズですので、コンビニの駐車場で飲んで、ゴミを出してコンビニを去ることもできるから、車にゴミがたまることもなくいいかんじです。

とにかく、本格的な味わいが楽しめるので、ランチ、休憩にぴったりです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました