fbpx

永野芽衣の経歴や学歴について!

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

NHKの連続テレビ小説「半分、青い」のヒロイン役でブレイク、ドラマに映画にと大活躍の最近やたらと露出度が高くなった芸能人といえば永野芽衣さんがいるでしょう。

すでに小学校3年生の時に芸能界入りしており、2009年公開の「ハード・リベンジ、ミリーブラッディバトル」にてデビューの彼女はスカウトがきっかけだったそうで、とにかく可愛らしい姿を見ていると当然と納得されるはずです。

実は本名も永野芽衣、東京出身の現在20歳です。

3つ上のお兄さんがおり、名前はリョウジさんです。

二人で写っている写真もブログに掲載されていますからファンの方なら見たことがあるでしょう。

三代目JSoulBrothersの登坂広臣さん似のイケメン、ただ今のところは芸能界に入るといった予定は無いようです。

アメリカの大学に留学していましたが、きっとすでに帰国しどこかの会社に就職しているはずです。

どうやら母子家庭のようで父親に関する情報はなし、お母さんについては「本当にかっこよくて尊敬できる人」と永野芽衣さんも言っており仲良し親子のようです。

小学校3年生とまだ幼い時に今の事務所にスカウトされた永野芽衣さん、お母さんは反対していたようですが彼女の強い希望もあり支えていくことを決意したのです。

「半分、青い」のヒロイン役となった時にはすぐにも母親に報告の電話を入れ、泣きながらも「おめでとう」と言ってくれたそうです。

永野芽衣さんの学歴ですが、スカウトされてデビューした際の小学校までは分かっていないものの2015年に西東京市立田無第三中学校を卒業していることは確認されています。

その後はクラーク記念国際高等学校へ、パフォーマンスコースに入りました。

偏差値はなく通信制というこちらの学校、芸能活動をしながら学業と両立させるにはピッタリだったのでしょう。

その他にも、指原莉乃さんや市原隼人さん・北川景子さんとさまざまな有名芸能人の方が卒業された学校です。

高校を卒業して大学へという頃に「半分、青い」の出演が決まったこともあったのでしょう、お仕事一本で行くために大学進学はしていません。

その後の活躍はご存じの通り、UQモバイルやカルピスウォーターのCMでも爽やかな笑顔で頑張っています。

そこには「仕事は、やると決めたなら最後までやり遂げなさい」という母の教えがあるようです。

とはいえ、「嫌になったらやめてもいい」という言葉も、なので力を抜いて最高の笑顔で臨めるのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました