fbpx

「泣くな研修医」の最終回予想をしてみた!

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

神奈川県 50歳代 男性
私が紹介するのは、まさにそろそろ最終回を迎える「泣くな研修医」というドラマです。このドラマは、現役の外科医が収筆したベストセラー小説をもとにドラマ化されたものです。なにしろ、現役の外科医が描いたストーリーのため、リアリティーがあるのが最大の魅力です。研修医たちが一人前の医者に成長していく様子を描きながら、実際に現実の医療業界が抱えている問題点も赤裸々に紹介されているのです。
そして、キャストも素晴らしいです。かつて、「ひるなかの流星」で永野芽郁さんと見事なラブストーリーを描いてくれた白濱亜嵐さん演じる主人公を中心に、柄本時生さん、山口智充さんなどの豪華キャストが勢揃いしています。また、患者として清水ミチコさんもゲスト出演しています。
このドラマの、大枠のストーリーは、地方の大学の医学部を卒業した主人公の青年が、東京都内の総合病院にて外科医として研修生となるのですが、毎日、職場では上司から怒られ、患者からもこき使われながら、何度もな皆を流しながらも、医者という職業に誇りを持ち続け、熱意を持って仕事にチャレンジするものです。特に、患者さんが亡くなってしまい、「自分は無力だった」と葛藤する様子はとても素晴らしいです。
そして、コロナ禍という今の時代だからこそ、混乱する医療業界の様子を描いているこのドラマは、とても興味深く視聴できます。
さて、そろそろ、このドラマも最終回を迎えますが、どんな展開になるのかが気になるところですよね。個人的には、同期の研修医たちがチームワークを生かして、患者のためにベストを尽くす姿が描かれるのでは無いかと予想しています。これは、研修医たちが病院で心もスキルも高まったことを意味しています。そして、予告の映像で紹介されている、山口智充さん演じる先輩医師の「医療に正解はない、自分ならどんな処置をするのかを考えることだ」とう言葉を受けて、研修医たちがどんな決断をするのかも見どころです。そして、末期がんの患者を相手にすることになるため、その患者を救うことができるのかもとても気になるポイントです。
そして、研修を終えた若い医師たちが、その後どんな進路に進むのか。どんな、実力のある医師に成長しているのかも描かれることを期待しています。そして、主人公雨野と中園こ恋の行方はどうなるのかも気になりますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました