fbpx

「おかえりモネ」の最終回予想をしてみた!

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

神奈川県 50代 男性
今回紹介するのは、NHKの朝ドラの「おかえりモネ」です。このドラマは、安達奈緒子さんが製作したオリジナルストーリーで、若く元気で可愛い女子の清原果耶さん演じる永浦百音というヒロインが気象予報士をめざすという今まであまり例にないドラマです。なんといっても、舞台が宮城県の登米市という田舎町なので、自然環境が良好で景色を見ているだけでも心が洗われるドラマです。そして、夏木マリさん演じる新田サヤカという味わい深いおばあさんと一緒に生活していて、その過程で繰り広げられる家族愛のようなものも魅力的です。そして、ヒロインに天気ほほ牛の魅力を教えた、西嶋俊輔さん演じる朝岡と、今田美桜さん演じる神野という気象予報士たちもとてもかっこよくて素敵でした。
このドラマを見ていてびっくりしたのは、気象予報士の資格の合格率が5%と狭き門であることでした。当然、ヒロインはその勉強が難しすぎて、たびたび挫けそうになるのです。しかし、一緒に生活している名物おばあさんのアドバイスや、彼女の身の回りで生活している漁師さんや農家の人々、小売店の人々、スポーツマン、医者などが、天気によりその生活が大きく左右されていることを知り、気象予報士という仕事の重要性を学び、それをモチベーションとして、ヒロインが気象予報士になるために頑張るという話です。
このドラマの中では、一度はヒロインが試験に落ちてしまいますが、再度のチャレンジで見事合格します。そろそろ、最終回となりますが、最終回では見事にヒロインが気象予報士に合格し、その技術と知識を活かして、彼女の地元の人たちを守り活躍するのではないでしょうか。予告では、ヒロインが気象予報士となって数年後の2019年が舞台になり、彼女の地元に大型台風が直撃するとアナウンスされています。
きっと、最終回でヒロインの心を支えてくれた周囲の人たちに、恩返しをするのではないでしょうか。NHKのドラマなのでハッピーエンドなのは間違いないと思われますが、ヒロインがどんな形で自然災害から人々を守るのかというプロセスが最大の見どころとなりそうです。そして、モテる漁師の永瀬廉さんえんじる及川亮との恋愛も成就するのかも見どころとなりそうです。最終回のラストは、きっと、地元の人たちの素敵な笑顔で締め括られるのでは無いかと予想しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました