宮司愛海の結婚や旦那について!常田俊太郎や母親についても

宮司愛海の結婚や旦那について!常田俊太郎や母親についても

この記事は約6分で読めます。

宮司愛海の結婚について

多くの芸能人との熱愛報道がされている宮司愛海さんですが、現時点で結婚に関する正式な発表はされていないようです。

その中でも有力なのが、ヤクルトスワローズの山田哲人選手。
もう一人が、人気のバンド「KING-GNU」の常田大樹さんのお兄さんである常田俊太郎さんです。
それぞれの可能性について考察していきましょう。

過去に山田哲人選手との熱愛報道もされた宮司愛海さんですが、結婚はされていないようです。ではなぜ結婚間近との報道となったのでしょうか。なかでも有力な説を2つ考察してみましょう。

スポーツ番組での共演

過去にスポーツ番組での共演で、2019年2月2日に放送されたスポーツ番組「S-PARK」で共演しています。山田哲人さんにインタビューする宮司愛海さんと、2人のやりとりの雰囲気やその後の報道内容が、交際の噂に繋がったと考えられます。

野球選手とアナウンサーの交際率

宮司愛海さん、山田哲人さんに限らず、プロ野球選手と女子アナウンサーの交際報道が多いことが報道の後押しになったとも考えられます。

実際に同じヤクルトでも、

2019年9月11日の「日刊サイゾー」で、宮司愛海さんと山田哲人さんが食事デートをしている報道がされ、それ以降も食事を重ねていたとの報道が、交際報道から結婚報道へ展開した可能性が考えられます。

当時の報道によると、「2人は交際には至っていないものの、時間を見つけては都心の飲食店でデートを重ねているという」との報道がされており、交際に関しての確度が高いと感じた読者も多かったのでしょう。

宮司愛海の旦那について

山田哲人さんとの熱愛報道について考察しましたが、現在の報道でご結婚相手として確実性が高そうなのは「KING-GNU」の常田大樹さんのお兄さんであり、実業家でバイオリニストでもある常田俊太郎さんです。

2023年9月の週「週刊ポスト」によると、2人が一緒にパン屋へ向かう様子が報道されました。手をつなぎながらラフな服装で買い物を楽しむ姿や、散策する姿が撮影されており、
笑顔で話しながら良い雰囲気のお二人はその後、常田俊太郎さんの自宅マンションへ向かったとの報道がされており、その内容から宮司愛海さんと常田俊太郎さんは半棲状態なのではないかとの噂もされています。

記者の質問に対して、宮司愛海さんは笑みを浮かべながら「それは会社から止められていますので」と回答。

併せてフジテレビは、「社員のプライベートについてはお答えしておりません」と回答しているとのことです。

また、宮司愛海さんのお父さんはバンドマンとのことで、幼いころから音楽に囲まれた環境の中で育っているようです。

メジャーなアーティストだけでなく、様々なアーティストにも詳しいことから、音楽関係者の方々とも意気投合したのかもしれません。

加えてキャンプが趣味であるほか、東南アジアを1人で旅するなど、アクティブかつ自身の世界観をしっかりと持っているタイプとのこと。

詳細な報道がされていないため、正確な情報は不明ですが、以上のことから、宮司愛海さんの世界観や魅力的な人間性に、常田俊太郎さんが惹かれた可能性も考えられますね。

また結婚に関しては正式には報道されていませんが、半同棲状態にあると噂されていることから結婚報道も近のいかもしれません。

今後、お二人の嬉しいニュースが聞けることを期待したいですね!

宮司愛海と常田俊太郎について

宮司愛海さんと熱愛報道がされている常田俊太郎さんについて紹介していきましょう。

常田俊太郎さんは、実は実業家であり、バイオリニストとしても知られています。

大人気バンドの「KING-GNU」のメンバーである常田大樹の兄としても知られていますが、その活躍を調べてみると、その才能は弟の影に隠れるものではありませんでした。

常田俊太郎さんは、音楽業界においてだけでなく、実業家としても実績があるようです。

彼の仕事について深堀してみると、元々大手広告代理店である電通グループの一員として勤務していた経歴があるようです。

その期間、戦略系コンサルティングファームのプロジェクトマネージャーとして戦略プランナーやマーケティングディレクターとして豊富な経験を積まれていたとのこと。

その後は、学んだビジネススキルを活かして現在は音楽家やクリエイターの活躍を支援する事業を展開するなど、独自で起業活動にも取り組んでいます。

音楽家としての常田俊太郎さんの才能も輝かしいものでした。

彼はバイオリニストとしても知られていますが、2004年の中学2年生の時に、ヴァイオリンのコンクールで3位入賞と、中学生の頃から才能の片鱗を見せていましたが、2006年、高校2年生で日本クラシック音楽コンクールで全国大会5位入賞と、バイオリニストとしての活躍は目覚ましいものでした。

東京大学を目指すために一度バイオリンをやめていましたが、大学時代は東京大学音楽部管弦楽団に所属して再びバイオリンの世界へ返り咲いています。

当時はヴァイオリニストとしてのキャリアを確立されていた常田俊太郎さんですが、現在手がける音楽ジャンルは幅広く、クラシックからポップ、ロック、そしてエレクトロニックミュージックまで携わっているようです。

なかでも、「KING-GNU」の楽曲に常田俊太郎さんのヴァイオリンが登場していたとのこと。他にも米津玄師さんの「KICK BACK」でバイオリンを奏でているのが実は常田俊太郎さんなんだそう。
こんなに幅広く活躍されていたなんてびっくりですよね。

常田俊太郎さんは、「KING-GNU」の常田大樹さんの兄としてのイメージが強くありましたが、自身の才能と努力で独自のキャリアを築き上げています。

今後のキャリア展開にも注目していきたいですね!

宮司愛海と母親について

フジテレビの顔としてキャリアを築いてきた宮司愛海さんですが、ご家族のサポートがあって現在までの輝かしいキャリアを確立されてきたのではないでしょうか。
ということで、ご家族について調べてみました。

宮司愛海さんのご家族に関しては、一般人の方となることから多くの報道はされていませんでしたが、キャリアや仕事観について語られる中で、2021年の5月に宮司愛海さんはお母様をすい臓がんで亡くされていたことが分かりました。

2021年5月に、自身のインスタグラムにてお母様について語られていた宮司愛海さん。
そこへリンクの貼られて記事の中で、お母様に対する思いや葛藤を語っていました。

当時、2018年に宮司愛海さんがスポーツ番組を担当することになり、東京オリンピック・パラリンピックの中継に携わることが決まってから、お母様はオリンピックの報道で活躍する宮司愛海さんの姿が見られるのをとても楽しみにされていたようでした。

もちろんコロナ禍で様々な事情を抱えた人がいるのは痛いほど分かってはいるものの、言葉にならないモヤモヤとした思いを心の中に抑え込みながらも、コロナの影響から取材も出なかったことで、仕事で気持ちを晴らすこともできないまま日々が過ぎていきました、

コロナ禍で面会ができない日々が続きましたが、今まであまり電話などはしてこなかったそうですが、ビデオ通話をたくさんして、お母様と心の距離を縮めていったそうです。

面会が制限される中で、ビデオ通話で声だけでなく顔も見ながらのコミュニケーションを積極的に図っていったことは、お母様のために精一杯当時できることだったのではないでしょうか。

その後。2022年に自信のインスタグラムの中で、いまだに実感がなく、まだ身近にいるような気がしていると語っていたのに対して同時に
「だけど、毎日寂しいし悲しくても、もう距離は関係なく、物理的なものにとらわれず、ずっとそばで見守ってくれているんだなと思うと、同じくらい幸せ。毎日ちょっとずついい方向に歩めているのは母のおかげ。あなたの分まで最高の人生を生きます」
と語っていました。

お母様の死を乗り越える強さを持った宮司愛海さん。
その強さはお母様との関係性があってのことではないでしょうか。
今後の活躍に、引き続き期待したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました