スピンネットとタンブルヘアピンの打ち方

スポンサーリンク

ヘアピンのスピンとタンブルの打ち分け方についてです。

まず、スピンの打ち方のコツは、シャトル軸が床に対して垂直に定まる前にシャトルをカットすることです。

よく、シャトルの横を切るようにと言われますが、その感覚を使わなくてもシャトル軸が垂直に安定する前にシャトルを床と平行にラケット面を動かしてカットすればスピンが掛かります

結果的にシャトルの側面を切っていることになるのだと思います

私がよくコーチングでお伝えするのは、ラリー間で相手から返ってきたシャトルをカットして手元で受け取る時に一番スピンが掛けやすいので、その時の感覚で打つといいということです

見方を変えれば、目線をやや上に向けた位置でシャトルをカットする感じです

次にタンブルの打ち方ですが、これはスピンがシャトル軸が定まる前に打つことに対して、シャトル軸が床と垂直に定まってから打ちます

感覚的に言えば、ラケット面の上でシャトルを『転がす』ような感じです

これまた感覚的な話になりますが、スピンがカットした瞬間にラケット面からシャトルが離れていくのに対して、タンブルはそれよりも長く面にシャトルが接地しているような感じです

シャトル軸が定まってから打つので、打点はスピンよりも低い位置で打つことになります

やや打点を落とした位置から打っても、シャトルに変化を付けられるショットだと言えます

ちなみにスピンとタンブルを掛け合わせたヘアピンがあると目にしたことがありますが、定義出来ていないため今後明らかになりましたら投稿したいと思います

お問い合わせはLINE公式アカウントからお気軽にどうぞ(^^)
バドラボの最新情報や講習会やコーチングなどの各種サービス、またバドミントンのノウハウなどの情報をお届けします♪
友だち追加

お問い合わせはLINE公式アカウントからお気軽にどうぞ(^^)
バドラボの最新情報や講習会やコーチングなどの各種サービス、またバドミントンのノウハウなどの情報をお届けします♪
友だち追加

ショットの打ち方技術力競技力向上
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バドラボ管理人をフォローする
スポンサーリンク
この記事を書いた人
バドラボ管理人

当サイトの運営者。プレーヤー歴20年、コーチ歴約10年。指導させて頂いた受講者様は数百名ほど。業界トップクラスの情報を発信中。神奈川県横浜市在住。管理人プロフィールはこちら

>LINE@でバドラボ最新情報をゲット♪

>出張コーチング詳細(※編集中)

バドラボ管理人をフォローする
横浜市のバドミントン教室をお探しなら|バドラボ

コメント