バックハンドは結局何グリップで打つの?

スポンサーリンク

以前に投稿した内容ですが、改めて

バックハンドで打てと言われることが多いですが、バックハンドグリップというのはありません

厳密には、

バックハンドのイースタングリップ
バックハンドのウエスタングリップ

というように、

バックハンドの〇〇グリップ

という捉え方をする必要があります

ちなみにですが、一般的にはバックハンドで打て、という場合の、そのバックハンドというのは

バックハンドのイースタングリップ
バックハンドのウエスタングリップ

のどちらかを指す場合は99.9%だと思います(大袈裟だと思いますが

しかし、プレーのほとんどにおいて、

バックハンドのイースタングリップ
バックハンドのウエスタングリップ

そのどちらで打つことはありません

強いていえば、バックハンドのイースタングリップをハイバックで使う位だと思います(ハイバックでもイースタンは使う必要はないとも考えています

それぐらいどちらのグリップも使わないのだと考えています

つまり、グリップの種類を

イースタングリップ
ウエスタングリップ

の2つしかないと意識的にしろ無意識的にしろ捉えてしまうことが不幸の始まりな訳です

大袈裟な言い方かもしれませんが、私はそうだと思っています

では、バックハンドのグリップで正しいグリップは何グリップなのかと言えば、私は

バックハンドのコンチネンタルグリップ

だと考えています

バックハンドのコンチネンタルグリップの握り方は、イースタングリップの状態から右利きであればラケットヘッドを右側に、左利きであれば左側に45度回したグリップになります

親指はグリップの広い面に置きます

このグリップはフォアハンドでも若干の握り変えで打てる様々な場面において汎用性の高いグリップであり、個人的にはこのグリップで打つことをおすすめしています

しかし、様々なグリップに持ち替えた方が良いパフォーマンスを発揮できるのであればそれでもいいと思っています

要はより自分にとってパフォーマンスの高いグリップを選ぶという訳です

ただ、ハイバックを除いてイースタングリップあるいはウエスタングリップのバックハンドで、バックハンドのショットを打つことは間違いだと考えています

お問い合わせはLINE公式アカウントからお気軽にどうぞ(^^)
バドラボの最新情報や講習会やコーチングなどの各種サービス、またバドミントンのノウハウなどの情報をお届けします♪
友だち追加

お問い合わせはLINE公式アカウントからお気軽にどうぞ(^^)
バドラボの最新情報や講習会やコーチングなどの各種サービス、またバドミントンのノウハウなどの情報をお届けします♪
友だち追加

グリップの握り方技術力競技力向上
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バドラボ管理人をフォローする
スポンサーリンク
この記事を書いた人
バドラボ管理人

当サイトの運営者。プレーヤー歴20年、コーチ歴約10年。指導させて頂いた受講者様は数百名ほど。業界トップクラスの情報を発信中。神奈川県横浜市在住。管理人プロフィールはこちら

>LINE@でバドラボ最新情報をゲット♪

>出張コーチング詳細(※編集中)

バドラボ管理人をフォローする
横浜市のバドミントン教室をお探しなら|バドラボ

コメント