浮かないサーブの打ち方

スポンサーリンク

浮かないサーブの打ち方

打ち方を物凄く簡単に説明すると、面を斜めに押し出します

以下で具体的に説明しますね

面を上を向けてラケット面を押し出すと、シャトルが面で切られて上方向に飛んでいくことが分かると思います

逆にと言いますか、ラケット面を前を向けて前に押し出すと、前方向に飛んでいきます

つまりどういうことかと言いますと、シャトルをより高く打ちたければ切る要素を増やし、逆にシャトルを低く前方向に打ちたければ面を前方向に打つという訳です

この、面の向きの上下の調整で、ぎりぎりに浮かない面のラケット位置を見つけて打つ感じになります

もちろん、ラケットやガット、シャトル、あるいはその日の自分の調子や感覚によってもシャトルの飛び方は違うと思うので、その時の状況に応じてこの面の微調整を行うことで、ギリギリのサーブを打つことを狙います

お問い合わせはLINE公式アカウントからお気軽にどうぞ(^^)
バドラボの最新情報や講習会やコーチングなどの各種サービス、またバドミントンのノウハウなどの情報をお届けします♪
友だち追加

お問い合わせはLINE公式アカウントからお気軽にどうぞ(^^)
バドラボの最新情報や講習会やコーチングなどの各種サービス、またバドミントンのノウハウなどの情報をお届けします♪
友だち追加

ショットの打ち方技術力競技力向上
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バドラボ管理人をフォローする
スポンサーリンク
この記事を書いた人
バドラボ管理人

当サイトの運営者。プレーヤー歴20年、コーチ歴約10年。指導させて頂いた受講者様は数百名ほど。業界トップクラスの情報を発信中。神奈川県横浜市在住。管理人プロフィールはこちら

>LINE@でバドラボ最新情報をゲット♪

>出張コーチング詳細(※編集中)

バドラボ管理人をフォローする
横浜市のバドミントン教室をお探しなら|バドラボ

コメント